シーズン5で使ったポケモン

全部ではないですが・・・・
また、ここに書いているポケモンを同時に使ったわけではありません。

メガヤンマ
控えめCS@こだわりメガネ
むしのさざめき/エアスラッシュ/げんしのちから/シャドーボール(ねごと)

交代合戦時のサイクル崩壊を狙ったメガヤンマ。
1ターン目は相手が加速想定で動いてくれるようなことがあったので、先発で有利対面を作れればそこそこ強かったです。
耐性や素早さの関係上、メガネでは動きにくいと思う場面があったので、持ち物は珠等の小回りが利く火力増強アイテムか、状態異常対策になるアイテムでもいいと思いました。

ニンフィア
のんきHB@ふうせん
ハイパーボイス/めざめるパワー(地)/サイコショック/でんこうせっか

対面ならほとんどのドラゴンに勝てる(と思う)ニンフィア。でんこうせっかはどちらにしてもタスキつぶし程度の性能しかないので、性格はずぶといでもいいと思います。

この子を使っているときにたまたま悪統一パと当たり、その時はかなりの活躍をしてくれたのですが、他の戦闘では選出自体ができませんでした;
持ち物・努力値配分の関係上、ハイパーボイスで弱点を突けない場合火力がいまひとつです。
余程ガブリアスが厳しい構築になってしまったらまた採用するかもしれませんが、その時はもう一工夫したいかな・・・・。

サンダー
穏やか 色々な所に配分@こだわりスカーフ
10まんボルト/ねっぷう/ボルトチェンジ/めざめるパワー(氷)

バトレボ時代から使っているサンダー。理想個体ではありませんが十分強いです。
スカーフで使う場合は霊獣ボルトロスとかの方が強いのかもしれませんが、スカーフが想定されにくい分、サンダーの方が動きやすい場面もあるのかなとか考えています。
スカーフのおかげで、ゲッコウガ等を(向こうもスカーフでない限り)上から殴れます。手負いの状態でもそれらのポケモンを倒せる可能性ができたので使いやすかったです。
ただ、サンダーに限りませんが、こだわり持ち故に最後に残すと手詰まりになってしまう可能性があるので、その辺はよく考えて立ち回らないといけないと思いました。また、序盤はなるべく持ち物を悟られないように動きたいですね。

テラキオン
むじゃき (どこかの調整をそのまま使用しているのですが詳細は失念)@いのちのたま
インファイト/ストーンエッジ/めざめるパワー(氷)/じしん

第五世代途中からこの個体を確保してたにも関わらず、使うのは多分今回がはじめてですw;
今回は素早い格闘タイプを使いたいと思っていて、ゴウカザルと迷っていたのですが、今回は一致で打てる岩技に魅力を感じてテラキオンを採用してみました。
最初の方は自分の読みが下手だったことと珠に慣れていなくて活躍させてあげられなかったのですが、後半は何となく(感覚的に)使い方がわかってきて、決めるとことはきっちり決めてくれました。

とくに第五世代のころから苦手意識を持っていたラッキーとグライオン、エアームドをまとめて倒してくれたときは感激しましたw(グライオンは別のポケモンが削ってくれていたのもありますが)
[PR]

by siegbert | 2014-09-14 23:04 | ポケモンXY | Comments(0)