生存報告(2/22)

・がんじょうチゴラス

もらってきました!
ガチゴラスは個人的にこれまではスカーフ一択だったのですが、いしあたまの場合は竜舞型もありなきがします。諸刃の反動で倒れないので、積む価値は十分ありそうですね。
一致5V個体何体か確保したのでとりあえずはAS振りで育成してみようと思います。
また、大会直後なので余り需要なさそうですが、ミラクル交換で孵化余りを定期的に流そうかなとかも考えてます。

・色違い自然遭遇

群れバトルで色ロコンゲットしました。
個体値は低そうですが、性格はおっとり(C↑)で特性ひでりなので頑張れば対戦でも使えるかもですね。



・ジョウト御三家
もうすぐかくれ特性解禁されますね。
実際に使うかはわかりませんが、手に入ったらヒノアラシ孵化厳選したいと思ってます。


・ゆきふらしアマルス
情報でましたね。
今回大会は本格的に育成・参加するのが難しそうですが、アマルスの受け取り条件だけでも満たしておきたいです。
[PR]

by siegbert | 2015-02-22 18:46 | ゲーム | Comments(0)

バトルオブホウエン

参加された皆様お疲れさまでした。

・バトルオブホウエン結果
20勝10敗 最終レート1617 でした。

二日目終了時点でレートが1600台後半までいっていたのですが、最終日に連敗を重ねてしまい一度1500台後半まで下がってしまいましたorz 最後二戦は勝つことができて、上に書いたレートにおさまった感じです。

久しぶりの大会であり、対戦でしたが面白かったです。
今度のGSは見送る予定ですが、これからも参加できそうなルールの大会がある時は参加してみたいですね。

・バトルオブホウエン使用メンバー

ラティアス おくびょう ふゆう CS@ラティアスナイト
りゅうせいぐん/サイコショック/シャドーボール/めいそう

今回採用したメガシンカ枠。単純に能力が全体的に強化されるかんじで、癖がなく使いやすかったです。
めいそうはミロカロス等耐久よりの相手と対峙した時に役に立ちました。
一部10まんボルトがほしかった場面がありました。

メタグロス いじっぱり クリアボディ HAベース@ぼうじんゴーグル
しねんのずつき/バレットパンチ/れいとうパンチ/じしん

調整はメガボーマンダ意識です。
今回もちものや調整が活きた場面が多く、間違いなく一番活躍してくれました。
対面したガッサが胞子を使ってくることが多く1ターン自由に動けることが多かったです。
一部かみなりパンチか、いわなだれがほしい場面がありました。

マリルリ いじっぱり ちからもち HAベース@ラムのみ
たきのぼり/アクアジェット/じゃれつく/はたきおとす

もちものはキノガッサ、ヤミラミなどを意識しています。タイプが優秀なので選出機会が多かったです。
少しS調整していたので同族対決になった時に先に攻撃できることが多かったです。マリルリに限りませんが同族対決の可能性が高い鈍足~中速ポケモンは、少しSに振っておくと使いやすそうですね。

プクリン ひかえめ おみとおし BC@たつじんのおび
マジカルシャイン/10まんボルト/れいとうビーム/サイコキネシス

格闘タイプとある程度戦えて、広範囲の特殊アタッカーがほしかったので・・・・。
クチートやジバコイルの採用率が高い上に努力値配分の当てが外れて(特殊アタッカーがまあまあ多かった)、少し出しにくかったです;
努力値調整をするか、れいとうビームをかえんほうしゃにしておけばもう少し使ってあげられたかも。

キュウコン おくびょう ひでり CS@こだわりメガネ
オーバーヒート/かえんほうしゃ/ソーラービーム/めざめるパワー(氷)

特殊の高火力アタッカーがほしかったのと、どこかで天候パが流行る的な情報を見たので・・・・。
先発起用できた試合では高火力で制圧してくれたのですが、結局天候パらしきパーティーとは遭遇しなかったこと、自軍の水ポケモンとの相性がいまいちだったので、選出率は一番低かったです。
ダーテングか、ラフレシア辺りも一緒にいれておけば使いやすかったかなと思いました。

ラグラージ ずぶとい げきりゅう HBD調整@オボンのみ
ねっとう/あくび/ほえる/ステルスロック

なんとなくステロ設置、積み技解除できるポケモンがほしかったので・・・・。
クチートやジバコイルとの遭遇がまあまああり、選出機会はそこそこ多かったです。行動回数もそれなりに確保できて、相手のペースを乱すことができたと思います。あとは鬼火を打たれたりして1ターン得することもありました。
今思うとねっとうとあくびの相性が微妙な気がしないでもないですねw;


・総括
ボーマンダ、バシャーモ、キノガッサを特に意識してPT作りしていたので、それらのポケモンが選出されると楽な試合が多かったです。反面、余り意識しなかったせいで弱点を突きにくくなったマリルリやギャラドスがいると厳しかったですね。
中に有効急所等運で勝った試合もありましたが、一応勝ちの方が多いのでポケモン選び自体は悪くなかったのではないかと思います。PT単位で見たとき技や努力値の調整が甘かったので、その辺りを考えればもう少し勝てたかもしれないですね。
また、負けが込むと落ち着いた選択ができなくなってたので、次回はなるべくクールに試合運びができるようにしたいです。
いくらなんでもメガチルタリスにりゅうせいぐんぶっ放したのはひどすぎる
[PR]

by siegbert | 2015-02-01 19:10 | ゲーム | Comments(0)