人気ブログランキング |

第四世代のパーティを振り返る1

大会初参加パ
・ゴウカザル むじゃきCS調整残りA
インファイト/オーバーヒート/マッハパンチ/ちょうはつ
・サンダース おくびょうCS252 D6
10まんボルト//めざめるパワー(氷)/みがわり/バトンタッチ
・グレイシア おくびょうCS252 H6
れいとうビーム/シャドーボール/めざめるパワー(草)/みずのはどう
・キングドラ せっかち CS252 H6 スナイパー
りゅうせいぐん/ハイドロポンプ/れいとうビーム/かなしばり(→きあいだめ?)
・ジュカイン ようきAS252H6
リーフブレード/じしん/みがわり/つるぎのまい
・エアームド ようきAS252 H6
ブレイブバード/つじぎり/はがねのつばさ/にらみつける

2008年の夏、某所で開催された大会にて使用したパーティです。

大会ルール
1DS使用。ROMはDP(Ptはまだ発売されてませんでした)
2パーティは大会当日より少し前に公開される
3個体変更不可(明言されてませんでしたがおそらく)
4対戦毎に持ち物変更可
5準伝説、禁止伝説使用不可
こんなかんじだったと記憶してます。結果は4戦中2勝2敗。リーグ内3/5位で予選敗退。



ゴウカザル:シナリオで使っていたのと、アニメの影響で思い入れがありました。おまけに強ポケだというので大会で使うならコイツしかいないなとw
持ち物はタスキを持たせるつもりでした。先制技もあるのでタイマンで強いかなと(当時は猿の強みを余り理解していなかった)
上の構成では他の大会参加者のメンバーと噛み合わず、残念ながら出番がないまま終わりました。
技マシンを惜しまなければ、もう少し出せる機会もあったのかなと思います。

サンダース:厳選しようと思った経緯は忘れてしまいましたが、第四世代デビュー時から今まで使ってるサンダースです。
本来は10まんボルト/シャドーボール/みがわり/バトンタッチ の子を使おうと思っていたのですが、ギリギリでめざパ氷の超個体が出たので、そちらを使うことにしました。
もちものは珠が多かったと思います。

本番では最も選出機会が多かったと記憶しています。グライオンや草タイプの使用率がそこそこだったので、めざめるパワーが刺さりました。

グレイシア:偶数部分に252振ってますが、気にしないでくださいw;
スカーフグレイシアです。当時はめざパ炎を粘る環境も豊富な遺伝技を活用する環境も無かったのですが、どうしてもグレイシアを使ってみたいと思い、
このような型で使用することにしました。 ちなみにめざパ草は偶然の産物で、威力も余り高くないです。
本番ではスカーフの競争率が高く、選出機会はほとんど得られませんでした。

キングドラ:GBAからの救援組です。全体的に水と炎に弱めだったので、相性補完に丁度いいかなと。
もちものはピントレンズ。行動回数を増やす目的でスカーフも考えましたが、競争率の問題で実現はできませんでした。

ジュカイン:物理ジュカインです。救援組のフシギバナと迷いましたが、素早さの高い草タイプに魅力を感じてこちらを採用しました。
得意不得意がハッキリしている構成なので、耐久が不安な今回のパーティには向いていなかったかもしれません。


エアームド:スカーフエアームドです。当時よく見ていたサイトの管理人さんが使っており、自分も影響されて育ててみましたw
本番では耐久型と思わせることができたのか、結構な確率で奇襲に成功しました。恐らく一番勝利に貢献してくれたのではないかと。

本格的に使うなら、技はブレイブバードとねごとだけでいいと思います。そのサイトでも、技はブレイブバードだけとなってました。
元環境ではちょっと火力不足かな・・・・。


改善したい点
1.持ち物の入れ替えが不可能なルールでは、かなり弱体化する可能性があります。
これはスカーフに依存するポケモンの型を変えるか、ポケモンの種類自体を変更するしかないですね。

2.私の組むパーティにありがちなことですが、速攻タイプのポケモンばかりで流しのできるポケモンがいません。試合が長引いた際の息切れっぷりがヤバイですw;
よって耐性が優秀なポケモンをもう少し増やしたいです。

他にも火力等見直さなければならない部分がありますが、特に気になるのは以上の二点です。
大規模な大会に参加したのは今のところこの経験だけです。また機会があれば他の大会にも参加したいですね。

by siegbert | 2011-03-30 18:06 | ポケモン(第5世代以前) | Comments(0)