人気ブログランキング |

踏破


【ポケモン】



ポケモンのことはしばらく触れていませんでしたが、USUMまで一週間切りましたね。



今回も購入は早めにしたいと考えています。



ウルトラビースト等追加されるようですが、個人的に UB:LAY が気になっています。









【ファンキル】


・セフィロトの業樹(塔)クリア





セフィロトの業樹、なんとか踏破することができました!



前々回同様「特定属性以外弱体化」のフロアが厳しかったですが、「業淵」と比べたら全体的には易しかったと思います。



敵名無しユニットのスキルの組み合わせが前ほどエグい組み合わせでなかったこと、こちらの戦力も上がっていたことが大きかったですね。



前々回の更新時後回しにしようとしていたエルキュールの育成ですが、結果的には先に終わらせておいてよかったです。かなり活躍してくれました。




・イベント



新章関連の武器は必要数そろったので、現在はでんぱ組.incコラボのイベントを進めています。



コラボユニットの育成も並行していますが、スタミナ・時間的に厳しいと判断した時点で武器・素材集めのほうを優先します。









【光属性】


ティルフィング(ブラックキラーズ)攻姫型


DS1が強かったです。最終フロアのボスがHP高い上に命中下限※2のスキルを持っていたので厄介でしたが、このユニットがいたおかげでほとんど反撃させずに倒すことができました。


「反射」もたまに「九死一生」持ちを一回の戦闘で倒せることがあって便利でした。


余程のインフレや仕様変更がない限りはこれからも活躍してくれそうです。


エルキュール 匠姫型


FE形式のSRPGで 超火力(DS)+高機動力+再動※3持ち の組み合わせが弱いはずがないですね。このユニットだけでほぼクリアしたフロアもあったし、本来不利なフロアでも上記スキルを利用したヒットアンドアウェイで相手の戦力を削ってくれました。


敵スキルの関係上、飛行持ちが仇となることもありましたが、活躍の割合の方が大きかったです。


【闇属性】


海上編グリモワール 匠姫型


業淵攻略時はそれほど思いませんでしたが、今回火力が恐ろしく高いと感じました。


自己回復スキルもあって、不利なフロアでも敵戦力をかなり削ってくれました。


キキョウ 匠姫型


DS(発動・命中すれば敵を一撃で倒す)は今回余り揮いませんでしたが、もうひとつのスキル「影縫い」が強力でした。使用回数・有効ターンの問題はありますが、敵一体を実質無力化できるのはかなり大きいです。このユニットも、状態異常関係の仕様変更がない限りは役割がありそうです。


【炎属性】


めぐみん 魔姫型


コラボユニット。


「エクスプロージョン」の関係上マップ攻略には不向きだと思っていたのですが、使ってみると



防御系スキル持ちの敵を、そうでない敵の爆発に巻き込むことで普通に攻撃するより大ダメージを与えられる


コンティニュー前にとりあえず撃つことで相手の戦力を大きく削れる


といった点で思った以上に活躍してくれました。


【水属性】


スイハ 匠姫型


先に書いたエルキュールとほぼ同じスキルを持っています。


このユニットは専用武器の射程が2-3マス有効(射程が広い)なので、平地であればスキルを利用したヒットアンドアウェイ戦法の成功率がエルキュールより高いです。


【雷属性】


海上編シストルム 匠姫型


現状では貴重な「エスケープ」(FEでいうとレスキュー)持ちです。


攻撃後のめぐみんを安全な場所に戻したり、逆に離れたところにいる味方を引き寄せて攻撃させたり、あると戦略が広がるスキルです。


DSは威力が安定しませんが、発動率が高いので敵に思わぬダメージを与えてくれることがありました。


【風属性】


ヴァナルガンド(マナセブンス) 匠姫型


DSが「敵の魔防を下げてダメージ計算する」タイプなので見た目以上に火力が高かったです。


また、敵を弱体化させるスキルの低下値が大きいので「特定属性以外弱体化」のフロアで厄介な敵を突破するのに貢献してくれました。


1・・・・敵との交戦時、特定の条件下で発動するスキル。基本的には攻撃に関するもの(通常の○○倍の威力で攻撃、××回の連続攻撃等)が多いです。


2・・・・交戦する相手の回避率がどれだけ高くても、記載されている分の命中率以下にはならないスキルです。HPと攻撃力の高い敵がこれを持っていると、自分から攻撃するときかなり気を使います。


3・・・・攻撃などの行動が終わった後、そのターンに移動していない分だけ再移動ができるスキルです。





by siegbert | 2017-11-12 22:28 | ゲーム | Comments(0)